「ながとフォトコン2017」応募作品 2018年2月期

応募作品一覧へもどる

作品No.128 作品No.129
【作品タイトル】冬への誘い 【作品タイトル】参道の出会い
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】楽しいながと
【作品の説明】
周囲の木々が冬支度を始めた晩秋の青海島、波音は遠く落日が迫るころ、松枝越しの空がピンクに染り感動の一瞬となった。季節は冬へと誘っているように感じた。
【作品の説明】
赤い鳥居が連なる参道で観光客たちが交わす笑顔、鳥居の間から見える来訪者達の楽しそうな様子に私の気持ちもほっこりと。
【撮影場所】長門市青海島 青海島自然研究路
【撮影日】2017年11月3日
【応募者氏名】高取 一巳
【撮影場所】長門市油谷 元乃隅稲成神社
【撮影日】2018年11月4日
【応募者氏名】高取 一巳


作品No.130 作品No.131
【作品タイトル】第2の故郷 【作品タイトル】名勝及び天然記念物 俵島
【選択テーマ】楽しいながと 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
中国人留学生だった王さんは、山口の自然が大好き。長門は特にお気に入りの場所でした。今は就職して別の場所にいますが、彼女にとって長門は第2の故郷。家に帰りたくないなぁとはしゃいだあの日々が鮮明に思い出されます。
【作品の説明】
角島や角島大橋を背景にしたアングルなど他にも美しい風景を撮影できる島ですが、ここでは砂利浜から俵島に絞って撮影しました。
【撮影場所】長門市油谷 元乃隅稲成神社
【撮影日】2014年10月14日
【応募者氏名】村田 彩
【撮影場所長門市油谷 俵島
【撮影日】2018年2月24日
【応募者氏名】カルデラ


作品No.132 作品No.133
【作品タイトル】大漁金子みすゞ 【作品タイトル】大谷山荘の夜景。
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
二万枚のかまぼこ板の一人一人の思いと金子みすゞさんの大漁の詩とたくさんの人の思いが入った作品に感動しました。
【作品の説明】
山口を代表する温泉旅館、高級感のあるたたずまいで、存在感をはなっていました。
【撮影場所】長門市仙崎
【撮影日】2018年2月26日
【応募者氏名】ミニドラ△
【撮影場所】長門市湯本温泉
【撮影日】2018年2月26日
【応募者氏名】ミニドラ△


作品No.134 作品No.135
【作品タイトル】ようこそ俵山温泉へ 【作品タイトル】誘い
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
俵山温泉は懐かしい雰囲気が残る静かな湯治街。入口では猿の看板がお出迎え? 写真を撮るなら雨上がりの夜景がおすすめ。
【作品の説明】
風情のある温泉街。ありそうでなかなか無いように私は思う。俵山温泉はお湯も良いし景観も素敵なのだ。
【撮影場所】長門市俵山 俵山温泉
【撮影日】2017年11月26日
【応募者氏名】いにてん
【撮影場所】長門市俵山 俵山温泉
【撮影日】2017年11月26日
【応募者氏名】いにてん


作品No.136 作品No.137
【作品タイトル】夜霧の俵山 【作品タイトル】夜霧の俵山 (2)
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
夜霧が綺麗な夜でした
【作品の説明】
後輩がカメラを買ったので撮影に行った俵山。綺麗に夜霧が出てました。
【撮影場所】長門市俵山 俵山温泉
【撮影日】2018年2月10日
【応募者氏名】いにてん
【撮影場所】長門市俵山 俵山温泉
【撮影日】2018年2月10日
【応募者氏名】いにてん


作品No.138 作品No.139
【作品タイトル】縁を結ぶ 【作品タイトル】輝く朱色123基
【選択テーマ】輝くながと 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
神様と縁を結ぶとも言われる、結ばれたおみくじの間に鳥居群を入れてシャッターを切りました。
【作品の説明】
既に多くの方々がご存知、元乃隅稲荷神社なかなか天候に恵まれず苦戦中。
【撮影場所】長門市油谷 元乃隅稲成神社
【撮影日】2017年8月25日
【応募者氏名】大社 正照
【撮影場所】長門市油谷 元乃隅稲成神社
【撮影日】2017年8月19日
【応募者氏名】和田 稔


作品No.140 作品No.141
【作品タイトル】笑い地蔵 【作品タイトル】紅い鳥居に囲まれて
【選択テーマ】輝くながと 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
今日はぼちぼちでんな(笑)
【作品の説明】
最近はめっぽう人出が増えて、良いのか悪いのか・・・。
【撮影場所】長門市油谷 元乃隅稲成神社
【撮影日】2017年8月19日
【応募者氏名】和田 稔
【撮影場所】長門市油谷 元乃隅稲成神社
【撮影日】2016年3月6日
【応募者氏名】和田 稔


作品No.142 作品No.143
【作品タイトル】輝く川面 【作品タイトル】輝く街
【選択テーマ】輝くながと 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
「おとずれリバーフェスタ」の夜は河川敷に照明が照らされ華やかな雰囲気に包まれた。
【作品の説明】
「おとずれリバーフェスタ」の夜はあちこちで照明が照らされ、華やかな雰囲気に包まれた。
【撮影場所】長門市湯本温泉
【撮影日】2017年9月18日
【応募者氏名】和田 稔
【撮影場所】長門市湯本温泉
【撮影日】2017年9月18日
【応募者氏名】和田 稔


作品No.144 作品No.145
【作品タイトル】笑顔のFちゃん 【作品タイトル】楽しいFちゃん
【選択テーマ】楽しいながと 【選択テーマ】楽しいながと
【作品の説明】
イベント会場にて同業の写真家に撮られて苦笑い。
【作品の説明】
イベント会場にて同業の写真家に撮られて楽しそう。
【撮影場所】長門市仙崎 ルネッサながと
【撮影日】2017年3月5日
【応募者氏名】和田 稔
【撮影場所】長門市仙崎 ルネッサながと
【撮影日】2017年3月5日
【応募者氏名】和田 稔


作品No.146 作品No.147
【作品タイトル】いい物があったよ 【作品タイトル】おまけは笑顔
【選択テーマ】楽しいながと 【選択テーマ】楽しいながと
【作品の説明】
好きな色のキャンドルを見つけご満悦のIちゃん
【作品の説明】
イベント会場にて、買ってくれたらこの笑顔で。
【撮影場所】長門市仙崎 ルネッサながと
【撮影日】2017年3月5日
【応募者氏名】和田 稔
【撮影場所】長門市仙崎 ルネッサながと
【撮影日】2017年3月5日
【応募者氏名】和田 稔


作品No.148 作品No.149
【作品タイトル】興味津々 【作品タイトル】フェスタ直前
【選択テーマ】楽しいながと 【選択テーマ】楽しいながと
【作品の説明】
父の作品に見入る娘は興味津々。
【作品の説明】
おとずれ「リバーフェスタ」の夜はカップルで楽しもう!
【撮影場所】長門市仙崎 ルネッサながと
【撮影日】2017年3月6日
【応募者氏名】和田 稔
【撮影場所】長門市湯本温泉
【撮影日】2017年9月18日
【応募者氏名】和田 稔


作品No.150 作品No.151
【作品タイトル】フェスタの輝き 【作品タイトル】キラり☆キッチンカー
【選択テーマ】楽しいながと 【選択テーマ】楽しいながと
【作品の説明】
「おとずれリバーフェスタ」の夜は足湯も楽しい。
【作品の説明】
移動キッチンカーも今宵は輝いて見える。
【撮影場所】長門市湯本温泉
【撮影日】2017年9月18日
【応募者氏名】和田 稔
【撮影場所】長門市湯本温泉
【撮影日】2017年9月18日
【応募者氏名】和田 稔


作品No.152 作品No.153
【作品タイトル】曼珠沙華と日傘 【作品タイトル】イベントは大盛況
【選択テーマ】楽しいながと 【選択テーマ】楽しいながと
【作品の説明】
河川敷に敷かれた座敷に日傘でくつろぎタイム。近くに曼珠沙華が花を添えていました。
【作品の説明】
ルネッサながとで行われたイベントは大盛況でした。
【撮影場所】長門市湯本温泉
【撮影日】2017年9月18日
【応募者氏名】和田 稔
【撮影場所】長門市仙崎 ルネッサながと
【撮影日】2017年3月6日
【応募者氏名】和田 稔


作品No.154 作品No.155
【作品タイトル】sound of silence 【作品タイトル】sound of waterfalls
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
日置中の県道281沿いにある池に生える木々や辺りから聞こえる沈黙の音sound of silenceです。
【作品の説明】
麻羅観音近くにある小川と小さな滝。小さな川を軽快に飛び越えてゆく彼女は滝の音に包まれて爽やかでした。
【撮影場所】長門市日置中
【撮影日】2017年9月23日
【応募者氏名】和田 稔
【撮影場所】長門市俵山 五段の滝
【撮影日】2017年11月5日
【応募者氏名】和田 稔


作品No.156 作品No.157
【作品タイトル】sound of streams 【作品タイトル】sound of shallows
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
大寧護国禅寺付近の小川に咲くたんぽぽ。やがてタンポポがしぼみ、つぼみの中で黄色い花弁が白い綿毛に変わり再び花が開くと見事な白い綿毛に。小川のせせらぎの音に包まれ、綿毛は風にゆられて飛んでゆく。
【作品の説明】
俵山温泉の街中を流れる小川。中で鯉が悠々と泳いでいる。浅瀬に流れ込む水の音は静かに鯉の住処に注ぎ込んでいる。
【撮影場所】長門市湯本 大寧寺
【撮影日】2017年9月18日
【応募者氏名】和田 稔
【撮影場所】長門市俵山 俵山温泉
【撮影日】2017年9月23日
【応募者氏名】和田 稔


作品No.158 作品No.159
【作品タイトル】sound of Buddhas 【作品タイトル】sound of breeze
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
大寧護国禅寺の裏山にある地蔵は五体。山裾で静かに寺を見守る。
【作品の説明】
大寧護国禅寺付近の小川でアザミの花の綿毛が風に舞い散る、小川のせせらぎ音に包まれ、飛んでゆく瞬間。
【撮影場所】長門市湯本 大寧寺
【撮影日】2017年11月5日
【応募者氏名】和田 稔
【撮影場所】長門市湯本 大寧寺
【撮影日】2017年9月18日
【応募者氏名】和田 稔


作品No.160 作品No.161
【作品タイトル】The beach that glares 【作品タイトル】Illusion night
【選択テーマ】輝くながと 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
It is the photograph of the shoreline which I photographed on the day when the night sky is clean.
【作品の説明】
I cut the scene of the foggy hot-spring resort that was about to be deep.
【撮影場所】長門市青海島 波の橋立
【撮影日】2018年2月18日
【応募者氏名】Nyoppi
【撮影場所】長門市俵山
【撮影日】2018年2月10日
【応募者氏名】Nyoppi


作品No.162 作品No.163
【作品タイトル】The torii which shakes 【作品タイトル】Parent and child of the Japaniese white-eye
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
Please place it on the side When I saw the sights of Mototonosumi shrine, it is the scene which I photographed
【作品の説明】
It is parent and child of the Japanese white-eye which I photographed in Motonosumiinari shrines.
【撮影場所】長門市油谷 元乃隅稲成神社
【撮影日】2018年2月6日
【応募者氏名】Nyoppi
【撮影場所】長門市油谷 元乃隅稲成神社
【撮影日】2018年2月6日
【応募者氏名】Nyoppi


作品No.164 作品No.165
【作品タイトル】カモメ乱舞 【作品タイトル】寒冷のいりこ加工場
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
これでもかと湧き出てくるカモメ達を撮影しました。
【作品の説明】
寒い中、いりこ加工場で働く人を撮影しました。
【撮影場所】長門市油谷 伊上海岸
【撮影日】2018年2月22日
【応募者氏名】高木昭
【撮影場所】長門市油谷 掛渕漁港
【撮影日】2018年1月23日
【応募者氏名】高木昭


作品No.166 作品No.167
【作品タイトル】なぎさ歩めば 【作品タイトル】鳥居越し
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
暮れ時の二位ノ浜。古人を想いつつ
【作品の説明】
一躍観光名所になった元乃隅稲成神社。多くの方々が写真に納めているので、構図に迷う。。今回は鳥居越しに一枚。波の高い日は、龍宮の潮吹も一緒に撮れるのだ。
【撮影場所】長門市日置 二位ノ浜
【撮影日】2017年11月6日
【応募者氏名】いにてん
【撮影場所】長門市油谷 元乃隅稲成神社
【撮影日】2018年2月6日
【応募者氏名】いにてん


作品No.168 作品No.169
【作品タイトル】荒波の日 【作品タイトル】漂着
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
冬の青海島。日本海の波は荒い。NDフィルタを使用して波を流してみました。くれぐれも安全には配慮して撮影を。
【作品の説明】
投稿をためらいはしたものの、たまにはこういう写真も。青海島に限らず、海岸を歩くと様々なものが漂着していて、考えさせられます。
【撮影場所】長門市青海島
【撮影日】2018年2月6日
【応募者氏名】いにてん
【撮影場所】長門市青海島
【撮影日】2018年2月6日
【応募者氏名】いにてん


作品No.170 作品No.171
【作品タイトル】いつかみた空 【作品タイトル】夕なぎの海に工場の灯は溶けて
【選択テーマ】輝くながと 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
この日は夕空がとても綺麗でした。波の橋立てに反射させたかったのですが、間に合わずに手前の水田を撮影。自然相手の撮影はタイミングが難しいです。
【作品の説明】
山陽側には工場夜景の名所がある。長門市はどうだろう?と思うと、この町の工場夜景が撮りたくなった。
【撮影場所】長門市青海島 波の橋立付近
【撮影日】2016年5月19日
【応募者氏名】いにてん
【撮影場所】長門市三隅下
【撮影日】2017年5月31日
【応募者氏名】いにてん


作品No.172 作品No.173
【作品タイトル】コンベアのある風景(2) 【作品タイトル】静かな夜に -ながと星景-
【選択テーマ】輝くながと 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
仙崎湾が凪いでいたので水面反射が綺麗でした。
【作品の説明】
波の橋立てから深川方面を撮影。ながとの星空はとても綺麗です。
【撮影場所】長門市仙崎 白潟
【撮影日】2018年2月9日
【応募者氏名】いにてん
【撮影場所】長門市青海島 波の橋立
【撮影日】2018年2月13日
【応募者氏名】いにてん


作品No.174 作品No.175
【作品タイトル】照空灯 -ながと星景- 【作品タイトル】卒業おめでとう。
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
星々もまぶしかろう…
【作品の説明】
「さようなら…!」「さようなら…!」
卒業生と在校生、最後の挨拶を交わして、春を迎えます。
【撮影場所】長門市青海島 波の橋立
【撮影日】2017年12月26日
【応募者氏名】いにてん
【撮影場所】長門市東深川 深川小
【撮影日】2017年3月17日
【応募者氏名】yoshikun


作品No.176 作品No.177
【作品タイトル】仙崎 (月の入り) -ながと星景- 【作品タイトル】(本州最西北端の夕日)パワースポット 1
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
小島から眺めると、仙崎の町が海に浮かんで輝いていた。今夜も仙崎湾は凪いでいる。空には星が瞬いて、町を見守っているようだ。いつまでも美しくあってほしいと写真に納む。
【作品の説明】
向かい側にくつ島(大島)、いつも見てるだけ…近いけど、行ったことがなく、実家よりいつもながめてます。
【撮影場所】長門市三隅中 小島
【撮影日】2018年2月21日
【応募者氏名】いにてん
【撮影場所】長門市油谷 川尻岬
【撮影日】2018年2月3日
【応募者氏名】岡本 旨智子


作品No.178 作品No.179
【作品タイトル】(本州最西北端の夕日)パワースポット 2 【作品タイトル】本州最西北端のくつ島(大島)1
【選択テーマ】輝くながと 【選択テーマ】楽しいながと
【作品の説明】
向かい側にくつ島(大島)、いつも見てるだけ…近いけど、行ったことがなく、実家よりいつもながめてます。
【作品の説明】
見えた、見えた、桃ちゃんのくつと同じよ!(孫の喜んだ顔がカワイイと思いました)
【撮影場所】長門市油谷 川尻岬
【撮影日】2018年2月3日
【応募者氏名】岡本 旨智子
【撮影場所】長門市油谷 川尻岬
【撮影日】2018年2月3日
【応募者氏名】岡本 旨智子


作品No.180 作品No.181
【作品タイトル】正月のパチパチ 【作品タイトル】芳しき名物焼き鳥
【選択テーマ】ながとがきこえる 【選択テーマ】楽しいながと
【作品の説明】
県内1、2を争うドンド焼きの高さに驚きました。下か点火するとみるみるうちに頂上まで燃え上がりました。パチパチと音を立て燃え盛る炎に感動しました。地域の人々の無病息災を願いつつ厳かに、静かにレリーズしました。
【作品の説明】
年末の心温まるおもてなしの長門名物の焼き鳥の味と香りが忘れられません。手際よく準備され列を成す乗客に振るまわれました。縦構図で奥行きを強調しました。長門やきとり横丁の方々、ありがとうございました。
【撮影場所】長門市青海島 大日比
【撮影日】2018年1月15日
【応募者氏名】広田 和夫
【撮影場所】長門市仙崎 仙崎駅前
【撮影日】2017年12月30日
【応募者氏名】広田 和夫


作品No.182 作品No.183
【作品タイトル】秋に瞑想 【作品タイトル】風切音と共に
【選択テーマ】楽しいながと 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
ここ由緒ある大寧寺には心和む石仏さまが出迎えてくれます。紅葉時期は特に美しく、落葉の座布団を敷き、楽しませてくれます。縦構図で奥行き感を出し、逆光線で紅葉の美しさを表現しました。石仏への畏敬の念を表現するため。出来るだけ正面からレリーズしました。合掌。
【作品の説明】
美しい山に囲まれた三隅を通過する人気の観光列車○○のはなしをレリーズしました。特に風光明媚なスポットは徐行してくれます。ゆったり走り、レールをガタゴト、この耳障りのいいところが気に入っています。さわやかな一陣の風を残して走り去りました。出来るだけ肉迫して人情寒を醸し出しました。
【撮影場所】長門市湯本 大寧寺
【撮影日】2017年11月18日
【応募者氏名】広田 和夫
【撮影場所】長門市三隅
【撮影日】2017年12月30日
【応募者氏名】広田 和夫


作品No.184 作品No.185
【作品タイトル】狐のパワースポット 【作品タイトル】追憶の灯び
【選択テーマ】楽しいながと 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
今や外国人にも大人気の123基の赤鳥居です。その厳かな神社と相対し、狐面で踊る外国人に出逢いました。お稲成様の概念を理解しているのに驚きました。リズミカルな赤柱に狐をアクセントに置き、フレーミングしました。
【作品の説明】
夜の帳も降りたみすゞ通りを車光跡をアクセントにしてまとめました。昼間とは違い、夜はみすゞの詩札も、格別の趣きが出てきます。バルブシャッターの長時間露光を駆使しました。夭折したみすゞの哀しみの一端を垣間見たような気がします。
【撮影場所】長門市油谷 元乃隅稲成神社
【撮影日】2017年7月9日
【応募者氏名】広田 和夫
【撮影場所】長門市仙崎 みすゞ通り
【撮影日】2017年12月4日
【応募者氏名】広田 和夫


作品No.186 作品No.187
【作品タイトル】みすゞに陶酔 【作品タイトル】里山の舞踏会
【選択テーマ】輝くながと 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
初めて見た蒲鉾板のモザイク画のライトアップに感動しました。狭いスペースでも、鰯群のスケール感を出すために人影を配しました。ここに立つと往時が偲ばれ、ロマンチックな気分に浸れました。
【作品の説明】
三隅川に乱舞するホタルの光跡をバルブシャッターで表現しました。ホタルの光は短い命の儚さと華やかさを同時に教えてくれます。清き水に生息するホタルは環境のバロメーターです。まるで水辺を漂う踊り子のようでした。
【撮影場所】長門市仙崎 みすゞ通り
【撮影日】2017年12月4日
【応募者氏名】広田 和夫
【撮影場所】長門市三隅 宗頭
【撮影日】2017年6月30日
【応募者氏名】広田 和夫


作品No.188 作品No.189
【作品タイトル】爽天のセンザキッチン 【作品タイトル】いってらっしゃい!
【選択テーマ】楽しいながと 【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
4月のグランドオープンに先駆けて美しいオープンデッキに出てみました。日本とは思えない異国情緒にあふれるおしゃれな光景に感動しました。超広角レンズで横構図をとりその解放感をパンフォーカスでまとめました。空も海も美しい天然の楽園ながとのアクティビティスペースとして繁栄する願いを込めたレリーズしました。
【作品の説明】
大人気の観光列車「○○のはなし」の出発、見送り光景に感動しました。列車の車掌さん、運転手さんをはじめ人々の温かいおもてなしの心がひとつになった瞬間です。この日は横浜から来られたお客さんとも閑談しました。乗客の皆さまも垂れ幕のお出迎え、お見送りに喜ばれていました。三角形構図で奥行きを強調しました。
【撮影場所】長門市仙崎 センザキッチン
【撮影日】2018年1月6日
【応募者氏名】大井 幸枝
【撮影場所】長門市仙崎 仙崎駅前
【撮影日】2017年12月31日
【応募者氏名】大井 幸枝


作品No.190 作品No.191
【作品タイトル】トリのおもてなし 【作品タイトル】清風のメロディー
【選択テーマ】楽しいながと 【選択テーマ】楽しいながと
【作品の説明】
観光列車「○○のはなし」の乗客のための心温まるおもてなし試飲の光景です。甘酒や清酒の試飲に皆興味津々の目差しでした。焼き鳥の街ながとにふさわしいトリの出で立ちでのお出迎えに微笑ましく思え皆さん表情豊かでした、甘酒のまろやかな舌触りは今も心に残っています。良き思い出です。
【作品の説明】
冬の漁港で垣間見た何とも面白い光景に出逢いました。まるで宇宙人が降臨し、プカプカ空に浮いているかのような干蛸を見つけました。超広角レンズで下方に漁船を入れ逆光線で夫婦タコを表現しました。海の幸、豊かなながとならではの、のどかな漁港に佇むと心和みます。
【撮影場所】長門市仙崎 仙崎駅前
【撮影日】2017年12月30日
【応募者氏名】大井 幸枝
【撮影場所】長門市仙崎 田子港
【撮影日】2018年1月5日
【応募者氏名】大井 幸枝


作品No.192 作品No.193
【作品タイトル】花開く文学少女 【作品タイトル】賑う駅前通り
【選択テーマ】輝くながと 【選択テーマ】輝くながと
【作品の説明】
桜満開のみすゞ公園入口にある小さな少女像です。ここは桜の名所でもあり、春の輝きを感じさせてくれるスポットです。さくらの名句も多いみすゞにふさわしい公園頂上から眺めも圧巻です。桜の短く儚い命を夭折したみすゞの命の輝きをリンクさせてフレーミングしました。
【作品の説明】
市中心街、駅前通りのキラキライルミネーションが目に入りました。通勤帰りの人々や私達観光客の心も癒してくれる楽しいスポットです。バルブシャッターで車光跡を流して流動感を作りメルヘンチックに仕上げました。このような街の輝きライトアップでながとの集客が増えることを願ってレリーズしました。
【撮影場所】長門市仙崎 みすゞ公園
【撮影日】2017年4月13日
【応募者氏名】大井 幸枝
【撮影場所】長門市湊中央区
【撮影日】2018年2月8日
【応募者氏名】大井 幸枝


作品No.194
【作品タイトル】祭り囃子
【選択テーマ】ながとがきこえる
【作品の説明】
伝統の赤崎まつりで賑わう楽桟敷へ出かけました。南条踊りや鶏頭踊りはいつ見ても華やかで、ながと独特の雰囲気があります。祭り全体の楽しさが伝わるよう桟敷上段から俯瞰して撮影しました。踊りと囃子と観客の三者が一体となった、この祭りを後世にも残されることを祈ってやみません。
【撮影場所】長門市東深川 赤崎神社楽桟敷
【撮影日】2014年9月10日
【応募者氏名】大井 幸枝


このページのトップへ